新たなる年を迎え、元旦午前0時より新年初護摩供を蔵王堂において管長猊下御導師により修法します。
皆様御自由に参拝頂けます。一年の始め、お護摩の火に当たって、一年の無病息災を願いましょう。
御祈祷札・護摩木は朱印所または蔵王堂堂内にてお申し込みください。

■ 護摩木 300円

■ 正月元旦~三日 (午前十一時・開始)

世界平和・地球安穏ならびに、皆様の家内安全・身体健全を祈る法会であります。どうぞ初詣にお越しください。
なお、法要中は堂内で参拝頂けますが、拝観はしていただけません。ご了承ください。



大晦日、金峯山寺蔵王堂横の鐘楼堂において除夜の鐘を突いて頂けます。
ご希望の方は鐘楼堂(写真・左)横にお集まりください。

先着108名の方に記念品を授与します。

また、上千本(標高600m) にある『三郎鐘』においても除夜の鐘を突いて頂けます(写真・下)。
重要文化財に指定されている三郎鐘は平安時代の平重盛が寄進したもので、奈良一郎・高野次郎と並んで吉野三郎と呼ばれ、日本三古鐘の一つに数えられます。高さ166cm・内径124cm・縁の厚さ13.6cm・重さ3.7tの巨大な鐘で、周辺からは、遠く金剛、葛城の山々や奈良盆地、さらに天候に恵まれれば大阪平野も望 むことができます。

大般若経六百巻を転読し、残り一年の家内安全・身体健全を祈ります。
4月18日 於:境内・観音堂
桜の花咲く吉野山、蔵王堂前の観音堂において、大般若転読法要を執り行います。

どなたでもお参り頂けます。

■ 6月7日 於:蔵王堂 (11時)
毎年6月7日は高祖役行者が摂津国箕面天上ヶ岳より昇天されたと伝承される高祖ご縁日に当たり、高祖忌が営まれます。
本宗ではこの6月7日に役行者報恩感謝のための教信徒千衣法要・高祖会大法要を以て高祖忌を執り行うこととなっております。

大般若経六百巻を転読し、残り一年の家内安全・身体健全を祈ります。

■ 7月2日 於:蔵王堂内

「半夏生」とは、夏至から数えて11日目としていた72候の1つ「半夏生(はんげしょうず)」を指しており、金峯山寺では毎年7月2日に大般若転読法要を厳修します。「半夏生」の法会は「はげっしょう」と読みます。

■ 9月22日 於:境内・大五輪塔前

立宗を感謝して,本地堂横の大五輪塔前に於いて『大五輪塔供養会法要』を行います.

愛染明王さまの年1回の大祭
愛染明王御宝前に於いて、採灯護摩供を修法させて頂きます。
蔵王堂では愛染明王さまにご祈祷させて頂いた縁結び御守りを授与しております。

愛染堂の愛染明王像は、旧安禅寺蔵の仏様であります。廃仏毀釈に伴い廃寺になった安禅寺よりお越しになりました。

■ 11月27日 於:境内・愛染堂

12月14日は過去世、15日は現在世、16日は未来世の各千仏、計三千仏に懺悔を行う法要です。
どうぞこの法要にお参りされて、1年の懺悔をして、来年をよき年にしてください。

管長猊下お導師によるお護摩です。どなたでも無料で参拝頂けます。
ご参拝の皆様は、聖杖加持をお受けいただくことができます。お護摩のあと、ご法話があります。ご参拝ご希望の方は、蔵王堂受付まで当日午前11時までにお越し下さい。(管長猊下のご法務の都合により、お手代わりになる場合があります。)
詳しくは、金峯山寺までお問合せ下さい。

■毎月28日 午前11時から