金峯山修験本宗 総本山 金峯山寺トップページへ

お知らせ

2021/10/27

国宝仁王門大修理事業 進捗状況           【架台設置用鉄骨ほぼ完成】

今年度から本格的に始まった国宝仁王門の大修理事業は、本年度は仁王門をすっぽりと包む覆い屋の建設を行っています。既に、覆い屋を組み立てて、スライド式に立ち上げるための架台を設置する鉄骨が組み上がっています。南北朝時代以来の優美な仁王門の姿が、赤銅色の鉄骨に囲まれ、少しずつその姿が見えづらくなってきています。今年度末には、覆い屋ができあがり、仁王門の姿は外部からは全く見えなくなることになっています。

今回の写真は10月26日に撮影されたものです。

210414_FIX_二王門修理概要.pdf

お知らせ一覧へ戻る